投資用ワンルームマンション 売却|高値で売却する方法

MENU

投資用ワンルームマンションを売却したほうが良い?

ダメと言っている女性の写真

都内にワンルームマンションを所持している人も多いでしょう。住むために買った人も多いですが、投資用の為に購入するという人も多くいます。
投資用とは、景気が良くなってマンションの価値が上がった時に売ることで大きな利益を上げることです。
買った時よりも高い金額がつけばその分儲けになるので、そのためにマンションを買って景気が良くなるのを待っている人が大半です。
ここ最近は投資用不動産の物件価格が下落トレンドになっているようです。

(物件統計レポート 2016年10月期 投資用不動産の市場動向調査より)

 

ただ景気も思うように良くなりませんので、売ることもできずそのまま放置・・なんて人も多いでしょう。
ですが都内にマンションを所持している人は、現在の景気でも充分な値がつくと思います。

 

都内は人口も多いので、その分マンションを求めている人が多いからです。また東京オリンピックも開催されるので、その前にマンションを購入しておこうと考える人もいます。

 

開催される数年前なら高く売れることもあるでしょう。
マンションを高く売るなら、優良な仲介業者を探すことが大事。

 

そうでないと安値で取引され、こちらには利益が一切ない・・なんてことになりかねません。

 

なので高値で買い取りしてくれそうな業者を選ぶことが重要です。ワンルームマンション売却には、不動産一括査定サイトがあります。
その不動産一括査定のメリットは一度に複数の業者の見積もりを取ることができるのです。
一括査定なら複数の業者の見積もりを比較できるので、一括査定をしてもらうことをおすすめします。

マンション一括査定のメリット

マンション一括査定のメリットは、インターネットを使って地域、面積、築年数などのワンルームマンションの情報を入力するだけで、一度に複数の不動産会社から査定価格を出すことができます。
約1分程度で査定してもらうことが可能なので、時間的に余裕がない方や不動産屋に行く手間もなく、スピーディーな売却方法なので、ここ数年注目を浴びている取引です。
不動産会社によって金額にはバラつきがあるので、売却価格に100万、200万円といった差が出てることもあります。
ワンルームマンションを売却るのに査定の初心者が相場がわからないですよね。
査定額が安いのか高いのかも分かりませんので、1社だけで決めるのではなく、複数の不動産会社からしっかり査定をした上でどこが一番メリットがあるののか検討するべきです。
マンション一括査定サイトを利用すれば、自分のワンルームマンションの今の売却価格の相場を知ることができますし、納得の行く不動産会社での売却が可能です。

 

 

※無料で査定してもらえますので、躊躇し過ぎて売却のタイミングを逃さないようにしてください。

投資用ワンルームマンションの売却ならこちらがおすすめ

HOME4U

HOME4Uの特徴

HOME4Uは、劾TTデータが運営する日本最大級のマンション売却一括査定サイトです。
一度に最大6社からの査定することができます。
累計15万人以上が利用している実績のある一括査定サイトです。
大手不動産会社から地元に強い地域の不動産会社まで幅広くカバーし、全国500社以上と提携しています。
入力時間はわずか60秒で査定することができます。

価格 無料査定 0円
評価 評価5
備考 エリアカバー率が他の査定サイトよりダントツに広い

マンション.naviの特徴

マンション.naviは、分譲の中古マンション売却に強いサイトです。
全国500社からあなたの地域にあった会社を紹介してくれます。
一度の条件入力で、最大9社から査定結果が分かります。しかも45秒ほどの簡単入力で結果が届きます。
無料ですからマンション売却を考えているなら一度利用してみましょう。売却に役立つ小冊子もプレゼント中です。

価格 無料査定 0円
評価 評価5
備考 最大9社を一括査定して比較。最大10万円の金券がもらえるキャンペーンもあります。

イエウール

イエウールの特徴

イエウールは大手の不動産会社から地元にある不動産屋まで全国手900社以上と連携をしています。 査定の申し込みをする際、しっかりと査定してもらいたい「訪問査定」と、とりあえずどのくらいか知りたい「机上査定」の2通りを選ぶことができます。最大6社から一括査定をすることができます。 お客様満足度98%の実績があります。

価格 無料査定 0円
評価 評価5
備考 簡単60秒の入力で最大の6社へ一括査定

オウチーノ

オウチーノの特徴

オウチーノは、全国の有力不動産会社450社と提携しているので、あなたの近くの地域事情にも詳しい不動産会社も加入しているかもしれません。 入力時間も約60秒程度でできで簡単なのが嬉しいです。

価格 無料査定 0円
評価 評価3
備考 売却が成立するともれなく現金プレゼントキャンペーンがある

イエイ

イエイの特徴

業界最大手のイエイは、提携不動産会社が約1000社あり全国を網羅しています。 最大6社の査定結果が即日で分かります。 今までに累計150万人が利用しているという実績と信頼のある不動産査定サイトです。 最大10万円分のギフトカードがもらえるチャンスがあり。 自動的に会社を絞り、あなたに最適は不動産会社を決めてくれるのでスピーディーな審査結果が得られます。入力は約60秒の簡単入力です。

価格 無料査定 0円
評価 評価3
備考 最大6社の査定結果が即日分かる

投資用ワンルームマンションを売却したい方へ

 

バブル景気の際にマンションを購入したという人も多いでしょう。
居住用のマンションであれば一生住めるので特に問題はありません。
しかし投資用に購入したという人にとっては、あまり良くありませんよね。

 

投資用のマンションは売却目的の物、そして賃貸収入を得るためのものの二つに分けられます。
賃貸収入を得て少しずつ利益が増やせればいいのですが、実際は赤字の状態が続くことの方が多いようです。
また売却目的のものに関しては、賃貸収入もありません。
景気が良くなった際に高値で売却するために購入したものなので、景気が良くならない限りは利益がゼロの状態になるのです。
地方のマンションとなるとその地域の人口によっては売却に踏み出せない人も多いでしょう。しかし都内にマンションを所持しているなら話は別です。都内は人口が多いですし、住居を求めている人はたくさんいます。
ですので売ったとしてもきちんと値がつくので、大幅な損になることはまずないのです。

 

投資用ワンルームマンションの売却|高値で売却した方がやっている方法
また東京オリンピックの前に都内に引っ越したいと考える人もいるので、オリンピックの前に売却するといいかもしれません。

 

しかも、アメリカ大統領がドナルドトランプに変わりました。世界情勢も今後どうなるか分からない状況ですよね。。
株価も年末まで急激に上昇しましたが、2017年になってドナルド・トランプ大統領が閉鎖的な政策を取り始めているので、株価もひょっとしたら大幅に下落するという事にもなりかねません。
今は比較的高値で売れる時期ですので、すぐには今の投資用ワンルームマンションを売らないにしても、今のうちの売却金額を知っておいても損はないでしょう。

 

高値で売却するには、何よりも仲介業者の選び方が大事。優良の業者を選べば高い値をつけてくれるので、ネットで口コミ評価の高い業者を探しましょう。実際に利用して、高い値段で買い取ってくれたという口コミが多ければ信用できると思います。時間があるのなら一括査定のサイトに見積もりをとってもらうこともおすすめ。そうすれば複数の業者の見積もりを一度で確認できるので、どこで一番高く売れるのか分かります。

マンション査定価格に影響するポイント

 

投資用ワンルームマンションの売却|高値で売却した方がやっている方法
マンションを売却する際は、不動産業者に査定をしてもらいますよね。
マンションの状態などによって査定価格は変動しますが、どんな点が査定に影響するのでしょうか?

 

まずは最寄り駅との距離。

これは都心の物件程影響が大きくなるポイントです。徒歩10分以内であれば査定価格に影響はありません。しかし駅まで10分以上かかる物件はマイナスに影響する恐れがあります。

 

では都心以外はどうでしょうか?

その他の地域では駐車場が重視されます。駅からも遠く、駐車場もないとなればそれは十分なマイナスポイントなので、査定価格に影響するでしょう。

 

次に部屋からの景色や方角。

部屋からよく景色が見える物件はとても人気があります。ですので窓やベランダからどんな風景が見えるかもポイントの一つ。
方角は日当たりに関係してきますので、当然南向きの部屋が人気となっています。その他の向きとなれば査定価格に影響してきますので、これも重要なポイントとなります。

 

最後に築年数。

築年数が古ければ古いほど査定額は下がります。これは当然のことですよね。逆に築年数が浅ければ浅いほど査定にはプラスに響くので、築年数が新しい物件の場合は古い物件よりも下がらないので売却を考えているのであれば早いうちがいいでしょう。

 

こう見てみると、査定の前にどうにかできることというのはあまりありません。
年数が経過するほど価値も下がっていくので新築で早いうちに売却したほうが良いでしょう。

マンション契約を結ぶのに必要な書類


マンションを売却し、そのマンションの購入者が現れれば売買の契約をしなければなりません。
この契約の際は多くの書類が必要となります。
全て準備しておかなければならないので、売買が決まったら書類について確認しておきましょう。

 

まずは重要事項説明書。

これはマンションに住むにあたっての注意事項や管理規約事項などが記載されています。
同意する場合はチェックをしてもらわなければならないので、忘れないようにしてくださいね。

 

次に売買契約書。

重要事項に同意が得られたら、契約となります。これにサインをしたら売買が成立したということです。

 

次に物件状況確認書。

物件がどのような状態にあるかをまとめたものです。例えば雨漏りがある、こんな家具が初めからついているなどのことです。これが原因でトラブルが起こることもあるので注意しておきましょう。

 

次に仲介手数料支払約定書。

これは不動産業者にいつまでに仲介手数料を支払うということを記載した書類です。

 

次に領収書。

これは仲介してくれる不動産業者が用意してくれるので、署名・捺印をして収入印紙を貼ればOKです。

 

最後に不動産権利証。

これは手元にあると思うので、早めに探しておきましょう。紛失している場合は不動産業者に相談することで再発行してもらうことが可能です。

 

これらの書類は基本的には仲介業者が全て用意してくれます。

 

本人が持参するものは実印・印鑑証明書・本人確認書類・不動産権利書です。
自分で用意する必要があるものは早めに準備しておきましょう。

 

 

 

 

中古マンション購入と投資用マンション購入の違い

マンション売却の不動産選び

中古マンションを購入するか投資用マンションを購入するかで悩んでいる人も多いのではないでしょうか?どちらを選択すればいいのかわからない人は、まずは購入の目的をはっきりさせましょう。投資をするために購入するのか、居住用のために購入するのかです。家賃収入を得るために購入するという目的もあります。どの目的にしても中古でも新築でもOKです。ただメリット・デメリットが違いますので、その点は理解しておきましょう。中古マンションを投資目的で購入する場合、安い価格で購入できるというメリットがあります。ただ築年中古マンションを購入するか投資用マンションを購入するかで悩んでいる人も多いのではないでしょうか?どちらを選択すればいいのかわからない人は、まずは購入の目的をはっきりさせましょう。投資をするために購入するのか、居住用のために購入するのかです。家賃収入を得るために購入するという目的もあります。どの目的にしても中古でも新築でもOKです。ただメリット・デメリットが違いますので、その点は理解しておきましょう。中古マンションを投資目的で購入する場合、安い価格で購入できるというメリットがあります。

ただ築年数や設備によっては数年で価値が大幅に下がることもあります。ですので購入の際は設備などの確認、そして築年数についても確認しておくべきでしょう。

そして新築の場合。こちらは当然高くなりますが、価値が下がりにくいという利点があります。ただこちらも設備などによっては買い手がつかないということも。また価値が下がってから売却してしまうと、購入時よりも低い価格でしか買い取ってもらえないなんてこともあります。このように中古にするか新築にするかによっても大きな違いがあります。居住用であればどちらもでもいいのですが、投資を目的とするならメリット・デメリットについてよく考えてからにしましょう。

 

 

 

 

投資用マンション失敗

投資用のマンションを購入してから、中々利益が出ないと悩んでいる人も多いでしょう。

特にバブル景気の際にマンションを購入し、今現在も売却できずに所持しているという人もいると思います。

そんな人は投資をして失敗したと感じているかもしれません実は投資用マンションで失敗するという人は少なくありません

大体の人が好景気の時に購入し、さらに景気が上がったら売却して黒字にしようと考える物。しかしバブル景気以降景気は下がった状態となっているので、これでは買い手も中々見つかりません。また物件の価値もどんどん下がってくるので、数年後に査定をしたら購入時から数百万も価値が下がっていたなんてことも。

これでは利益どころではなく、赤字です。また中古マンションを購入するか新築マンションを購入するかによっても失敗が分かれるようです。中古マンションは当然新築に比べて値段が安くなっています。新築の場合はマンション費だけでなく、マンションを売るための人件費やパンフレット費などが加算されています。ですのでやはり高く感じるでしょう。

ただ投資用マンションですから、やはり新築を選ぶ人が多いと思います。

それで後々高値で売れればいいのですが、売れなかった場合は損をしてしまいます。投資というのは、利益を出そうとすればするほど色々なことを考えておかなければなりません。

失敗例も数多くあるので、まずは失敗しないようにその例を見ておきましょう。

でも、ワンルームマンションは投資用不動産屋がいますし、指定の管理業者もいますよね。
だから他では売れないのではないか?と思っていませんか?
それに越したことはないのですが、ここで見積もりすることで、他社の不動産屋がどのくらいの値段を付けるのかが知ることができるのです。

 

ワンルームマンションを高値で売却する最大のコツ

 

他社で査定してもらった金額を、今の不動産業者に知らせずに先に把握しておくのです。
そのうえで現在管理してもらっている不動産会社に査定してもらい、その金額とすり合わせるのです。
今の不動産屋が低く出した場合は、その見積もりで交渉すれば、売却額は確実にあがりますよね?
それで売却金額を上げるのです。

 

もし、他社の査定額よりも低い値段しかならなかったら、その高値で査定した不動産会社で売却をすればいいのです。担当者も売却まで見てくれます。

 

なので手順としては、今の不動産屋に行く前にこちらのマンション売却査定サイトで査定してもらうのが一番先になります。

投資用ワンルームマンション売却サイトのコラム

家賃家賃保証サービスが増えています

賃貸住宅の家賃支払いを保証するビジネスが広がっているのをご存知ですか?
これは滞納した家賃を立て替えるというサービスです。
連帯保証人のいない高齢者や社会的弱者も住まいを確保しやすくなります。

ただ気を付けないといけないのがコレ!

保証料が必要で、滞納金は最終的には自分で返済しなければなりません。

 

保証会社という名称から、家賃を肩代わりしてくれるとの誤解も多いので、滞納したら返済計画を立て自分で返済する必要があります。なので契約内容をしっかり把握しなければなりません。

 

これによるトラブルも起きていますのでその仕組みを解説します。

 

家賃の滞納

 

とある関東に住む40代女性は2年前、賃貸住宅を探そうとしていました。
この女性には病気があり、働いておらず、連帯保証人のなり手がなかったようです。
そこで仲介する不動産会社に勧められ、家賃の支払いを保証してくれるというサービスの契約を結びました。

 

無事、女性は住まいを得て健康を取り戻し、就職もできました。

 

これは家賃保証に携わる一般財団法人「高齢者住宅財団」が扱った例です。

 

賃貸住宅入居の際、家賃滞納などに備えて家主が連帯保証人を求めることが多いそうです。
財団法人の方によると、高齢者や障碍者は連帯保証人が見つからないので、家主に敬遠されがちになります。
団体や会社が家賃を保証する仕事は重要だそうです。

 

この家賃保証とは入居者が家賃を滞納した時に、一時立て替えて家主に渡すことを言います。
10年ほど前から手がける会社も増えてきています。

 

入居する人は保証会社に保証料を払います。
初回は月額家賃の半分、後は年1万円が相場です。
保証会社や家主、入居者の事情にもよりますが、家賃滞納は大体3か月が限度です。
それ以上は退去要請や訴訟に発展する可能性があります。

 

今は多くの不動産会社が保証会社を利用し、保証人不要を売りにする物件も増えているようです。

 

その原因として、少子化、家族関係の希薄化が進み、連帯保証人を見つけられない人が多くなっていきている背景があります。
保証会社は2017年現在、国土交通省の把握分だけで147社。

 

日本賃貸住宅管理協会(http://www.jpm.jp/)の調査で2010年と2014年を比較すると、保証会社を利用した契約が、連帯保証人のみの契約数を逆転したようです。

 

保証人と保証会社の両方を求められることもあります。
国交省安心居住推進課では、保証人から家賃が回収できるかは不確かな面があり、現状だと家主が示す条件に従うほかないそうです。

 

賃貸住宅なので、保証会社の地用は若者も多くなっています。

 

都内のある保証会社ではでは、約28万件の契約の大半が20代から30代前半の人で、親に連帯保証人の負担をかけず、保証料で済ませたい人が多くなっているようです。
だた、トラブルもあります。
国民生活センターによると、苦情などは毎年650件前後きていて、苦情の例では、
「1か月滞納しただけなのに毎月会社に電話がある」
「家に入られて騒がれた」
といった悪質なケースがあるようです。

 

業界団体の「家賃債務保証事業者協議会」では、
「午後9時以降に、電話や訪問をしない」
「勤務先に電話したり出向いたりしない」などの自主ルールを決めているそうです。
さらに国交省では、保証会社を登録制にする方針で、顧客向け相談窓口の設置なども求めるようになるそうです。

 

不動産一括業者査定ランキングに戻る

 

 

関連ページ:
国土交通省はこちら