不動産一括査定サイト 体験談

MENU

不動産一括査定サイトを利用した人の体験談

不動産一括査定サイトとは、数多くの不動産会社の中からあなたの地域に強い不動産会社を選びそこからマンションの査定額を教えてくれるというサービスです。

 

不動産会社一覧

 

不動産一括査定サイトを実際に利用した人の体験談です。
一括査定サイトは、投資用ワンルームだけではなく、持ち家、空き家、一戸建て、マンション、アパートなど様々な不動産案件を扱っています。
それぞれ各地域に強い不動産業者を紹介してくれるのもメリットです。
是非参考にしてください。

 

【60代女性】

 

1年前に6年間住んだマンションを売りました。
夫婦二人で住んでいましたが、息子夫婦が同居を申し出たので、二世帯住宅を捜して引っ越すためでした。

 

マンションは6年前に540万円で買った中古(築30年)で50uだったのであまり高くは売れない覚悟でしたが、
良い条件で売りたいので、インターネットの一括見積もりサイトを使い5社ほどの不動産屋さんから机上見積もりを取りました。

 

この時点ですでに何の解答も送ってこなかったところは除外し、電話をして具体的に見に来て見積もりを出してくれるように依頼しました。

 

電話をしても担当者がいないなどの理由で、連絡が取れないところを除外し、比較的迅速に対応してくれた二社から具体的な見積もりを取りました。

 

見積もりは両方とも400万円前後でしたが、より対応の良かった一社に絞り、専任媒介契約を結び、私の希望の450万円で売り出してもらいました。

 

オープンハウスやチラシ配布などきめ細かな宣伝をして、その都度報告があったので安心感がありました。

 

約一か月で買い手がみつかり、希望通りの値段で売ることができたので、マンションの管理費や敷地内に借りていた駐車場代も余分に払うことなく、非常に助かりました。

 

同じマンションの中にも他に売り出している部屋ありましたが、一年以上も売れずに残っているものがあるので、
私の場合は非常に幸運だったかもしれません。

 

やはり腕の良い不動産屋さんを見つけることが決め手ではないかと思います。

 

【50代女性】

 

今から6年前になりますが、新築で4年間住んだ一戸建てを売却しました。
元々は大手住宅メーカーの住宅展示場だった物件で、モデルハウスとして使用された後に購入して居住を開始しました。当時の家族構成は、主人と2人で子供はおりませんでした。売却した理由はきっかけは一つではありません。
購入前に、周辺環境等の事前に調べるべきことはチェックしたつもりでしたが、やはり実際に住んでみて始めて分かることが沢山ありました。
隣人トラブルもその一つでした。
一般常識では考えられないことが複数回にわたって起こり、将来的に継続して暮らす意思が薄れ始めました。

 

また、周辺環境の変化もその一つで、当初は予定になかった駐車場が真隣に建設され、昼夜問わずの騒音とヘッドライトの眩しさもストレスになりました。

 

ほんの小さな環境の変化のように思えますが、日々暮らしていると大きなストレスになっていきました。
それに加えて、ちょうど東日本大震災があり、持ち家に対する考え方が根本的に変わりました。

 

売却を思い立ってからは、とりあえずネットやチラシで見た、地元の中古不動産を扱う会社に連絡をしました。
2社に見積もりを頼み、チラシを出していただきましたが、問い合わせはあるものの売却には至りませんでした。

 

結局はその後、全国規模のメーカーさんに仲介をお願いし、無事に売却に至りました。
金額としては、購入額に対してかなりの損は出ましたが、それでも居住年数の割には綺麗に使用してあるとのことでした。これから売却を考えている人へのアドバイスとしては、少しでも早く行動を開始するということです。

 

居住年数が経てば経つほど、資産価値が落ちることもあり、これは本当に少しでも早く行動する方が良いです。

 

そして、大手のメーカーまで複数社に見積をお願いするべきです。売却の金額だけでなく、手続きをスムーズに行ってくれる信頼できるメーカーを見つけることが大切です。

 

 

【愛知県40代女性】
祖父母が住んでいた田舎の家を賃貸として他者に貸していましたが、老朽化し、過去に水害にあったこともあって、大きな地震がくると危険と考えて、瑕疵責任を問われることになると困ると考えて、居住者の方に退去してもらい、古家付きで売却することを考えました。

 

居住者の方は、きわめて安い家賃だったものですから、そのままで住み続けたい、と言われるものの、安い費用でもよいから、といっても購入することは拒まれたので、退去してもらうまで、時間がかかりました。

 

退去を待っている間に、管理をお願いしていた不動産屋さんに売却の依頼をしたのですが、この物件は売れないだろうと言われ、積極的に活動をしてもらうことができませんでした。

 

地元の不動産屋さんの反応から、売却をあきらめ、固定資産税や取り壊し費用を考えると、ただでもよいので、自治体が引き取ってくれないかと市役所に相談しましたが、不可能といわれ、困っていました。

 

ダメもとでインターネットで検索をした複数の不動産やさんに連絡をしたところ、3社から見積をとることができ、そのうち一番高いお金で購入してくれる不動産屋さんに現状のままで売却をすることができました。

 

過疎化の進んできている田舎の都市ではありましたが、JRの駅から徒歩圏内であること、土地が中学校のすぐ裏手、小学校が徒歩5分という立地の良さから、古家付きでも200万で購入してくれることになり、とてもありがたかったです。

 

【愛知県50代男性】
私が就職して家を出てから父と母の二人で暮らしていた実家ですが、父が割と早くに亡くなってしまったので、母が一人で暮らしていました。
母一人では掃除も大変ですし、庭や生垣の手入れをしなければ樹々が伸び続けます。
また、玄関から駐車場までの階段も、家の中の階段も老婆には大変になってきたため売却を決めました。

 

不動産仲介業者には得意なエリアがあると思いますが、インターネットで一括査定サイトで一度に声掛けをした数社のなかでも対応の熱にかなりの差がありました。

 

地元ではそれなりに「地元に強い不動産会社」のイメージのあった会社は、よく言えば余裕がある対応で、普通に言えばガツガツしていない対応、悪く言えばあまり熱心ではない対応でした。がっかりしました。

 

それで、声掛けの時には控えのさらに控えの会社くらいのつもりで声掛けした会社が熱心に対応してくれるので、その会社に仲介を依頼することに決めました。
私の言う熱心な対応とは、私にあった対応のことを言っています。

 

具体的には、簡単な連絡でいちいち会って報告を受けるのではなく、また電話ではなくメールで連絡をとりあって、大事な話し合いには会って会議するというのが私の要望とピッタリでした。

 

メールの文章で3〜4行くらいで済むことを伝えるために「お時間をいただきたい」と電話されても、仕事中に電話に出ることも面倒ですから。
そして、メールのやり取りも、ほったらかしにならずにタイムリーな対応をしてもらって満足しています。

 

もちろん、対応の満足には、金額も含まれます。依頼して良かったです。

 

 

>ワンルームマンション売却のトップページに戻る