投資用ワンルームマンション 後悔

MENU

投資用ワンルームマンションを購入して後悔した人の話

売却する

神奈川県に住む40代サラリーマンです。
私は、30代の頃会社に投資マンションの営業の電話がかかってきて「まあ話半分に聞いてあげよう」と思い、近所の喫茶店でマンション投資の話を聞きました。
その頃、FXや株式投資なども本を本で勉強していたいので、多少マンション投資の話にも興味があったんですね。
色々聞いているうちに初期費用もかけずに都内のワンルームが購入できるということで、子供の将来のこととかも考えて、思い切って購入しました。

 

それが失敗の元でした。
初めのは特にお金がかからなかったのですが、1年もすると月に1万円ほどマイナスになってしまったのです。
当時の営業担当はすでにおらず、ずっとマイナス経費のまま10年ほど経ってしまいました。

 

その時の営業担当を信じても所詮は営業。数年すればどこかに転職したりして縁がなくなるんですね。

 

これは自分の責任ですから本当にこの先どうなるのかと。
50年後に月に8万円ほど本当に入るのかなと不安になりました。

 

また、この10年間運用していて、3回ほど住人が変わりました。

 

次の人が入らないとその期間は完全に持ち出しです。

 

なので、すぐに入居してもらえるように広告費をつぎ込むんです。

 

2ヶ月で入居してもらえたのですが、結局10万円ほど広告費がかかりました。

 

そのたびに内装の掃除費用がかかります。また、設備が古くなるとそれを交換しないといけません。

 

最悪なことに、中の人が変わるたびに家賃が3000円とか5000円とか下がっていくのです。

 

そんなことは当時の営業担当は一言も言ってくれませんでした。

 

2700万円くらいした投資用ワンルームも10年して返済が1600万円ほどになりました。

 

その時点で売りましたがちょうど1700万円ほどで売れましたのでまあよかったです。

 

これからもっと価値も下がっていくと思うので、もっと早い時期に売却しておけばよかったと思いました。

 

>投資用ワンルームマンション売却のトップページに戻る