マンション売却 手数料

MENU

マンション売却の手数料はいくら?

マンションを売却する際は不動産業者に仲介手数料を支払う必要があります。

 

個人で売却する際は必要ありませんが、個人で売却することは難しいのでほとんどの人が仲介業者にお願いするでしょう。
ですので売却の際は仲介手数料が必要だと考えておいてください。

 

この仲介手数料は宅建業法で定められています。

 

仲介手数料の計算式

 

200万以下の売買であれば売買金額の5%と消費税。
200〜400万以下の売買であれば売買金額の4%と消費税。
400万以上の売買であれば売買金額の3%と消費税。この金額がかかります。

 

上はちょっとわかりにくいかもしれません。

 

でも簡易計算方法というのがあります。

 

仲介手数料の計算式(簡易計算)

 

売買価格の3%+6万円(税別)

↑これでも手数料は同じになります。

 

【仲介手数料の目安】

マンション売買金額

仲介手数料(3%)

消費税(8%)

500万円

15万+6万円

+1.68万円

1,000万円

30万+6万円

+2.88万円

1,500万円

45万+6万円

+4.08万円

2,000万円

60万+6万円

+5.28万円

2,500万円

75万+6万円

+6.48万円

 

 

金額も高いので、やはり手数料も高くつきます。
ですのでこの金額を不動産業者と交渉して値引きしてもらいましょう。

 

多くの不動産業者は宅建業法で決められているからと言って値引きに応じようとしません。

 

しかし上記の金額は宅建業法で定められている上限です。

 

つまり値引きしたからといって法律に引っかかることもありません。

 

会社の決まりで値引きできない、宅建業法で値引きできないと言われたら、
違う業者に当たってみることも一つの手です。

 

本当は値引きしても問題ないものなので、値引きしてもらわないと損ですよ。

 

上手に交渉して、ある程度の金額にまで下げてもらうことをおすすめします。

 

ただ、長年付き合っている業者さんであったり、過去空室期間を埋めるために頑張ってくれた営業マンなどの付き合いなどもある時もあります。

 

通常は、この仲介手数料で売買することが長年の慣例のようになっています。
ケースバイケースなので、本当に値引きしてもらいたいと考えるのであれば一度営業担当に値引き可能か交渉してみるのも手です。

 

 

>トップに戻る